TOP PAGEDIY TOP>低予算DIYで木製(ウッド)フェンス/柵外構への変更(1)




【 手作りガーデニング柵作り方:DIYで既存フェンスを素敵な木製(ウッド)フェンス外構へ 】

ウッド・フェンスは土木・木工・塗装といった基本の技術を使うDIYで、それらの作業を地道に繰り返すものです。しかも各作業自体は全く高度なものはなく簡単なDIY作業ばかりなので、初心者の方でも“丁寧”に作業すれば素敵なウッド・フェンス/柵を造ることができます。
我が家のウッド・フェンスはその中でも土木(支柱を立てる)の部分は既存のものを利用しているため、以下主に木工作業の部分/作り方についてご紹介していきます。
フェンス鉄骨 <鉄骨のフェンス外構>

新築時に選んだフェンスは、特に思い入れもなかったので平凡な“鉄格子のような”フェンスで味気ないものでした。
ですので、庭木や草花だけでなくガーデニングDIY実践者(になったつもりの初心者)としては、いつかはフェンス/もお洒落に造り替えたいと思っていました。
柵と外構初期 <DIY前のフェンス外構初期状態>

こちらの画像が、その鉄製のフェンスを使っていたDIY前の全体像です。
普通といえば普通ですが、なんとも味気なく冷たい印象があったため、暖かな雰囲気を出せるよう木製(ウッド)フェンスをDIYで造ろうと決心しました。
ただ、作り方も何もわからなかったコトと、基礎を綺麗にしかも正確にDIYで設置する自信もなかったので、100%ウッドフェンスにせず、基礎部分は既存のフェンスをそのまま利用するようにしました。

<ウッド・フェンス/柵DIYの木工部分/作り方手順>

ガーデニング柵1:柱固定 <もとのフェンス柱を利用(作り方-1)>

柱は自作ではなく、もともとの外構にあったフェンスの柱を利用し、そこへ少々太めの木材を柱として立てています。鉄製フェンスの柱にはボルト用の穴が開いますので、穴と穴の間隔を正確に測り、それと同じ穴を木製(ウッド)フェンスの柱にも開けます。
ボルトとナットは当然ながら木材の厚み分だけ長いボルトを用意しなければいけませんので、径の大きさを確認してホームセンターで購入しました。


※木製(ウッド)フェンスの固定前には全ての木材の塗装を完了しておきましょう。
ガーデニング柵2:裏側 <外構DIYの裏側固定(作り方-2)>

そうして全ての柱を固定した後、それぞれの柱と柱の間に3本の横棒(角材)を固定していきます。
実際にはこの横棒(角材)に平たい板を並べていき、木製(ウッド)フェンスが出来上がることになります。
ガーデニング柵3:間隔計算 <平板の固定開始位置の計算(作り方-3)>

横棒(角材)にフェンスとなる平たい板を固定していく前に、必ず計測しておく必要があるのは、1枚目の固定位置です。

左図中の赤枠は“作業時に使う角材(※下段にて説明)”を示していますが、柱と柱の間に、その角材と平板が何個入るかを計算し「1」の長さを求めます。あとは柱と柱の間から「1」を引いて、2等分した数字「2」を計算すれば、最初の1枚目の平板を柱から何センチ離して固定すれば良いかがわかります。※自作の場合この計算をしないと、どちらかの間隔(2)が偏ってしまい外構フェンスとして美しくないものになりますので、失敗DIYになりますよ。
ガーデニング柵4:均等設置 <平板の固定作業(作り方-4)>

1枚目の固定が終わったら、今度は残りの板も均等間隔になるよう木ネジで固定していきます。

均等に板を設置していく方法としては、1本の角材を都度間にはさんで板を固定していくことで、いちいち計測することなく比較的容易に均等設置することができます。

ちなみに、(木製(ウッド)フェンスの柱もそうですが)平板も直接下の外構コンクリ部分に触れないようにするため、下にも板や角材を置いてから固定作業を進めると良いでしょう。
ガーデニング柵5:外構DIY 木製(ウッド)フェンスの柱にあたる少々厚手の木材は、上部を丸く切断し単調さを避けています。
外側の円はCR-ROMを置いて目印の線を引き、ジグソーで切断しました。また、内側の穴の部分は電動ドリルに木用の刃先をつけて穴を空けただけのものです。
ガーデニング柵6:目印

木製(ウッド)フェンスカーブ
<素人DIYっぽい目印のつけ方(作り方-5)>

平たい板が全部設置し終わったら、“曲線に”切るための目印を書きます。この目印をつくる方法も実に簡単で、両端の柱に“クランプ”を取り付け、そこへ長めの(園芸に使う緑色の)支柱を引っ掛けて、それを曲げることで大きなカーブをつくって印をつけています・・・ほらね、素人DIYっぽいでしょっ。
あとはその印にそってジグソーで一気に切断していきます。
カーブ外構DIY

<自作木製(ウッド)フェンスの大きなカーブ>

曲線ラインをそれぞれ隣同士で下カーブと上カーブにすることで、全体的に大きな波のようなカーブにしています。
・・・さすがにこんな曲線はウッド・フェンスならではのもので、鉄格子タイプの柵では実現できませんね。